カテゴリ:映画( 27 )

かもめがね

”かもめ”の次は「めがね」
f0093955_12245957.jpg

[PR]
by omocha_y | 2007-07-04 12:15 | 映画

And I Am Telling You, I'm Not Going

「DREAMGIRLS」を見る
もともとモータウン・サウンドは大好きだったので
楽しみにしていたのですが
すっかりジェニファー・ハドソンに釘付け…。

恋人、そして仲間達に見捨てられ
「And I Am Telling You, I'm Not Going」を
熱唱するシーンはお見事としか言いようがない。
新人にして堂々とした演技、この歌唱力、圧巻です!


「And I Am Telling You, I'm Not Going」
[PR]
by omocha_y | 2007-06-28 12:36 | 映画

夢のカリフォルニア

…やばい。
you tubeでMamas & the Papasの
「夢のカリフォルニア」を見つける。
この曲を聞いていたら、どうしても
『恋する惑星』が欲しくなり思わず購入。あちゃ☆
  

コレも何度となく見た映画。
金城武とフェイ・ウォンのひたむきな愛の形は
初めて見た時と同じく、いつ見ても新鮮でカワイイ。

f0093955_013588.jpg

     California dreamin
          
[PR]
by omocha_y | 2007-06-15 00:18 | 映画

愛のためいき

十数年ぶりに尾道へ。
f0093955_5311133.jpg

          大林監督のロケ地をめぐり、
          ワッフル、ラーメン、アイスと食べ歩き(笑)
          所々でお会いする猫をさわっては、まったり。

f0093955_5264790.jpg

          千光寺公園からの風景は
          思いのほか気持ちよく
          いつまでも眺めていたくなりました。

東京物語
[PR]
by omocha_y | 2007-05-07 22:25 | 映画

バベル

本日は映画の日。
久しぶりに映画でも見に行こうと「BABEL」を見る。

一発の銃弾から三つの事柄と時間軸が上手く交差し、進んでゆくドラマ。
構成はホントにお見事としか言いようがない。
その事柄のひとつに菊池凛子演じる聾唖の少女、チエコがいます。
ドラマの途中に何度かやってくる、チエコの”音のしない世界”

何も聞こえない、音のない世界。

それはとてつもなく寂しく…
多分私には耐えられないだろうなと、思ってみたり。


…そして今日は
f0093955_22335023.jpg

          カワイイすずらん、ありがとう!
[PR]
by omocha_y | 2007-05-01 22:31 | 映画

”HUMANITY”そして”PAPER BALLOONS”

とあるお知り合いに
私の好きな映画監督、山中貞雄作品の予告映像が
you tube にあると教えて頂き、さっそく拝見。

海外でのDVD発売用に作った予告映像らしいが
素晴らしい仕上がりになっており
こんなに美しい映画だったのかと、改めて感激する。

「人情紙風船」予告
[PR]
by omocha_y | 2007-03-20 17:44 | 映画

マグロ、2夜連続!

今日と明日、テレビ東京系列で
ドラマ「李香蘭」が2夜連続で放映されます。

李香蘭こと山口淑子は満州国にあった満映(満州映画協会)のスターで
中国人女優として活躍していたのですが
本当は日本人だったという事で
戦後、時代に翻弄された女優さんです。

実はこの満映に私の大好きな映画監督、山中貞雄の近しい人が多く渡っていて
(内田吐夢監督、プロデューサーの牧野光雄、甥の加藤泰監督など)
もし山中が生きていれば、満映に在籍した可能性も無きにしもあらず
満映周辺のドラマにはかなりの注目です。

またこの満映の理事をしていた甘粕正彦という人物は
ウラで満州国を支配していたとも言われていて
当時の日本軍と密接な関係の映画会社でした。
終戦後、甘粕は服毒自殺するのですが
第一発見者が映画監督の内田吐夢だったという…。
なんとも現実は小説より奇なり。

私も一時期、満映関係の本を読んだりしたのですが
映画からこんな形で歴史を知る事になるとは
世の中、何が勉強になるかわかりません。

興味のある方はどうぞご覧下さい。
f0093955_21263221.jpg

[PR]
by omocha_y | 2007-02-11 21:08 | 映画

二杯で一人前

f0093955_0194825.jpg

          これまた法善寺。
f0093955_020949.jpg

f0093955_0202681.jpg

          お不動さんにお参りして、ふと見ると
f0093955_020509.jpg

          「夫婦善哉」再開してました

f0093955_0214432.jpg

          ”二杯で一人前”の善哉は
          思いのほか甘い。
          善哉を頂いたあとは
          塩昆布とお茶でほっこり

          店内には森繁の書あり
          当時と店構え、経営者は変われど
          柳吉、蝶子と同じく
          ここで夫婦善哉が頂ける幸せ

          
          …そしてワッハホール
          学問ノススメならぬ「銀行ノススメ」

          会場を笑いの渦に変え
          その後、5人組はM-1準決勝
          果たして決勝進出なるか??
[PR]
by omocha_y | 2006-12-11 00:49 | 映画

ある映画監督の生涯

先日注文していた「浪速悲歌」と「祇園の姉妹」が届く。
同年に撮られたこの2作

「浪速悲歌」では
家族のため、よかれと思った行動が
家族から疎まれ、男には裏切られ
途方にくれる女を描いている。

また「祇園の姉妹」では
あまりにリアルに芸妓の姿を描いたため
祇園では評判が悪かったそうだ。



メロドラマ的なものが好まれた時代に
社会の底辺で生きる人々、女たちの本質にせまる

リアリズム溝口健二の原点だろう。


f0093955_8551222.jpg

          これでいつでも
          会えますなぁ、おもちゃはん?

新藤兼人、御歳94才。
[PR]
by omocha_y | 2006-11-23 10:04 | 映画

明日からもこうして生きてゆくだろうと

よしだたくろう
最近、CDを改めて聞くと
めちゃめちゃええ曲ばかりです。

タイトルも上手い。
「今日までそして明日から」
「どうしてこんなに悲しいんだろう」
「明日に向って走れ」
「おきざりにした悲しみは」
「人生を語らず」
「たどり着いたらいつも雨ふり」
「唇をかみしめて」
「すなおになれば」
「俺を許してくれ」

今は
「言葉」と「外は白い雪の夜」がお気に入り。

そして思い出すのが
斉藤耕一監督、高橋洋子主演「旅の重さ」。

この映画音楽を担当していて
「今日までそして明日から」が
テーマ曲となっています。



f0093955_2157282.jpg

f0093955_21581131.jpg

          斉藤耕一は元スチールカメラマン
          洒落た映画をたくさん撮っていて

          これもホントにいい映画。
[PR]
by omocha_y | 2006-11-07 17:37 | 映画