お引越し・忘れもの

ついにやってきました、その日が。The day。
とうとう今夜が峠らしい…!

いるモノといらないモノに分別し
実家に送る分と新居へ送る分を、分けて梱包。
本棚やキッチン棚などを解体するが、
これが、なかなか力仕事。
『こんな時にラガーマンか相撲取りの彼氏でもいれば…』と
しばし、後悔。

今日は、お昼から友人が手伝いに来てくれて
かなり、はかどる。
普段なかなか言えないけど、多いに友人に感謝。
ホンマにありがとうーー!
しばし、涙。


あの人と会えない?
まぶしくて悲しくて 青い空です
お日様! どうしよう
私一人が忘れものです…
[PR]
# by omocha_y | 2006-04-02 21:32 | 日々

めがねの眼鏡

普段はコンタクトをしているが
家ではもっぱら、眼鏡。
朝、起きると眼鏡が無い…。
どこかにはずしたまま、らしい。

ド近眼の私が裸眼で眼鏡を探すのは難しく
もうひとつの家用めがねをかけて、眼鏡を探す。

めがねをかけて、眼鏡を探す。
めがねをかけて、眼鏡を探す。

何か、ヘン。
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-30 22:49 | 日々

びっくり日本新記録

”記録、それはいつも儚い。”
”一つの記録は一瞬のうちに破られる運命をみずから持っている。”
”それでも人は記録に挑む。それが人間なのである。”
”次の記録を作るのは、あなたかも知れない”


引越、引越だ。
各種の手続き、いらない物の処分、荷造り等…!
引越がこんなに大変なモノとは思ってなかった。
気力、体力、ともに疲れがきていて
リポビタンDが欠かせない状態に。

何だか”記録に挑戦!”…という感じだ。


部屋の片付けをしながら、ふと思う。
『轟二郎、今どうしてるんやろ?』
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-30 09:42 | 日々

お世話になりました

先日、週一度はお世話になっていた洋食屋さんへ行く。
ここは調理専門のマスターと給仕担当の伯母ちゃんが
二人で切り盛りしている、家庭的な小さなお店。

特に伯母ちゃんは世話好き&話し好きな方で
お店がヒマな時なんかは、色々と話をした。

ある時、会社の人と上司の愚痴を話していたところ
帰り際に『どこに勤めてもそんな人はおるから、強ならなアカンで』
と、声をかけてもらった。

私が仕事を辞めた時、お世話になったお礼に
手拭いを持っていったら、とても喜んでくれ
今度、陶器の訓練校を受験する話をすると
麻のエプロンをくれた。

あれから二ヶ月ぶりぐらいに合格の報告を兼ね、お店へ。
店に入ると、調理場との間に見慣れた柄の暖簾が掛かっていた。
あ、私があげた、手拭いだ!
2枚を縫い合わせて暖簾にしてくれたそうだ。
合格の報告と美味しい料理を食べ、
学校の事、これからの事、色々と話をした。

帰り際、伯母ちゃんに「頑張らなアカンで」と
背中をポンと押してもらった。

何だかその一言が胸に染みこむ
私の目に光るものがあったとかなかったとか…。

何もかも忘られないよ、
お世話になりました。
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-27 08:47 | 日々

花嫁

うちの家で一番多いのが「本」だったりする。
趣味の映画、写真、画集関連が多く、あと雑誌!これが結構な量!
元々、本は好きで古本市で見つけた古本や絶版本などあって
私にとってはどれも貴重本になる。

しかし引越に伴い、物理的に全てを持ってゆく事は無理で
泣く泣くいくつか手放す事に…。

とりあえず必要最低限を残し、近所のブックオフへ
古本市で1000円以上したモノも数十円になり、
でも、まぁ全て買い取りしてもらったのでひと安心。

レジで買い取りの手続きをしてる間に
初老の男性が私の持ち込んだ本を、さっそくお買いあげ。

『伯父さんに大事にしてもらうねんでー』と、心でつぶやく。
嫁に出す父親の心境とはこうゆうものかも。
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-24 21:33 | 日々

パタパタママ

月曜にやっと部屋が決まり、
パタパタママならぬ、バタバタ状態です。
これからやる事も紙に書きだしてみたら
山のようにあって『こんなん出来るんやろか…』と思いつつ
それでも確実に引越日は近づいてきます。

もうやるしかない…
「やるっきゃないもん!」
(ってゆうドラマ有りましたな)

ちょこっと部屋の片付けやらしてみたら
『あ、コレ!!懐かしー』っと
案の定、ただ時間だけが過ぎ何も片づいてない事に気がつきました。
イカンイカン。

ただアルバムは実家にあるので、よかった。
あんなん見た日にゃ半日は何もできませんから。
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-23 10:08 | 日々

Little Green Bag

来月そうそうにも引っ越す事になりました。
住み慣れた京都からの旅立ち
これからしばらくバタバタしそうです。

京都で親しくなった友人、
元仕事仲間たち、
行きつけの定職屋のオバちゃん、
洋食屋のマスター、
カフェのお姉さん…。
別れるのは辛いけど
新しい事が始まる期待感の方が大きいです。
それまで「Little Green Bag」を聞いて引越準備ナリ。
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-17 16:10 | 日々

今日までそして明日から

前から興味を抱きつつ、
なかなか手がだせなかったのですが
今日からブログを始めることにしました。

タイトルの「ひげとちょんまげ」は
私の敬愛するイナカンこと映画監督 稲垣浩氏の
エッセイ集から頂きました。
(因みに私にはヒゲもちょんまげもありません)

映画、お笑い、何より陶芸修行の日々…!等々
綴ってゆきたいと思います。
[PR]
# by omocha_y | 2006-03-16 16:08 | 日々